3.原稿作成要領―入力ルール

原稿作成時の基本的なルールについて説明します。

・記載の単位─分売ものは各巻1冊ごとに

販売可能な最小単位をもって一つの単位とします。したがって、全集もので各巻を分売する場合は各巻ごとを一つの単位とし、一括(セット)販売のみの場合は全体を一つの単位とします。
また、書名が同じでも、「普及版」「特装本」など、装丁、価格等が異なる場合は、それぞれ別の書籍として扱います。


・記載の情報源─扉、表紙、背、奥付にあるものを

原則として、扉、表紙、背、奥付に表示されているものを記載の情報源とします。これ以外の情報は記載しないでください。
ただし、判型などはこのかぎりではありません。


・文字─JISの範囲で、それ以外は出力紙で

・記載文字はJISコードの範囲内といたします。
 例えば「万」「萬」はJISコードにあり、両方使用可能ですが、  「郎」の旧字はJISコード外のため使えません。

 JISコードにない字種がどうしても必要な場合は、
 データ上では、該当部分のヨミを全角のカタカナで【 】にくくり出力紙に正しい字を記入して別途FAXでお送りいただくか、メールの本文で説明してください。

  例:竹内 【サトル】
   (名前の表記は「折」に「心(したごころ)」がついた漢字1字)

 なお、ローマ数字などの機種依存文字も外字です。これらの文字はできるだけ使用しないで下さい。
 巻数の場合はアラビア数字に統一してください。
 巻数ではなく書名に含まれるローマ数字は、半角のローマ字で代替します。

 ・原則として全角文字を使用しますが、アルファベットと数字は半角としてください。

 ・スペースは全角を使用してください。全角のかわりに半角二倍とはしません

 ・書名や外国人名のヨミの区切りなどに用いる「,」は全角を使用してください。

 ・該当するデータのない項目は、ブランクとしてください(何も記載しません)。スペースや「0」を入れたりしないでください


1  2  3  4  5  6