Excel2007でマクロを使えるようにする手順

Excel2007では、マクロを有効にする方法がこれまでのバージョンと異なります。
マクロを有効にする手順を以下に説明します。


Shokyo1.xlsを起動すると、次のメッセージが出ます。

「セキュリティの警告 一部のアクティブコンテンツが無効にされました。」
セキュリティの警告 無効

警告文が出ない場合はマクロが使えますので、カスタマイズ用シート「Custom」について へ進んでください。

警告文が出た場合は、マクロを有効にするために以下の作業を行ってください。

・毎回起動時に「マクロを有効にする」

警告メッセージの右横の、「オプション」ボタンをクリックしてください。次のウィンドウが表示されます。
「ツール」の「マクロ」の「セキュリティ」の画像

「このコンテンツを有効にする」をチェックし、「OK」ボタンをクリックしてください。
マクロが使えるようになりましたので、カスタマイズ用シート「Custom」について へ進んでください。

※この方法の場合は、Shokyo1.xlsを起動する度に警告文が出るため、毎回設定が必要です。
 下記の方法で設定を行うと、以降は警告文が出ません。

・Shokyo1.xlsの保存フォルダを「信頼できる場所」にする

Excel左上のOfficeボタンをクリックし、「Excelのオプション」を選択します。
Officeボタン

左側の「セキュリティセンター」を選択し、「セキュリティセンターの設定」ボタンをクリックします。
Excelのオプション

左側の「信頼できる場所」を選択し、「新しい場所の追加」ボタンをクリックします
セキュリティセンター

「c:\shokyo」を追加します。
※Shokyo1.xlsの保存場所を「c:\shokyo」以外にした場合は、それに合わせて下さい。
Microsoft Officeの信頼できる場所

Excelを再起動するとマクロが使えます。カスタマイズ用シート「Custom」について へ進んでください。