造本装幀コンクール 三賞選考審査員プロフィール

柏木博(かしわぎ・ひろし)

柏木博 1946年神戸生まれ。武蔵野美術大学卒業。デザイン評論家、デザイン史。 武蔵野美術大学名誉教授。英国王立芸術大学院大学名誉フェロー。 著書:『デザインの20世紀』(NHK出版)、『家事の政治学』、『視覚の生命力』(岩波書店)。 展覧会監修:『田中一光回顧展』、『うさぎスマッシュ』(長谷川祐子との共同キューレーション)東京都現代美術館。  

 

 


浜田桂子(はまだ・けいこ)

浜田桂子 故田中一光氏の助手を経て1984年『あやちゃんのうまれたひ』でデビュー。著書多数。 『へいわってどんなこと?』香港版が2020 Hong Kong BookPrizeを受賞。日本児童出版美術家連盟理事長。 日本ペンクラブ「子どもの本」委員会委員。  

 

 


秋山伸(あきやま・しん)

秋山伸 グラフィック・デザイナー、ブック・メイカー、パブリッシャー。 90年代より、 美術、写真、音楽、建築、思想分野のデザインにおいて、また自身の 出版レーベルedition.nordで活動。神戸芸術工科大学教授、多摩美術大学版画専攻客員教授。  

 

 


濱崎実幸(はまざき・じつゆき)

濱崎実幸 1964年京都市生まれ。デザインプロダクション勤務を経て、96年より装幀を専業とする。 以後、ジャンルを問わず多くの書籍デザインに携わり、『galley』(青磁社)で 第48回造本装幀コンクール文部科学大臣賞を受賞。他に河野裕子『母系』(青磁社)、 ユング『赤の書』(創元社)等で受賞多数。  

 

 


中江有里(なかえ・ゆり)

中江有里 女優・作家・歌手。1989年芸能界デビュー、テレビドラマ・映画に多数出演。 著者に『トランスファー』(中央公論新社)など。講演や、エッセイ、書評も多く手がける。 文化庁文化審議会委員。  

 

 


岩瀬学(いわせ・まなぶ)

岩瀬学図書印刷株式会社所属。製本コンシェルジュ/印刷工業会。 製本コンシェルジュとして、技術的な 観点から製本仕様に関するアドバイスをおこなう

 

 

 


渡邊博之(わたなべ・ひろゆき)

渡邊博之 株式会社博勝堂・取締相談役。製本マイスター・指導員/全日本製本工業組合連合会・理事。 製本マイスターとして、技術的な観点から製本仕様に関するアドバイスをおこなう。